研究室の歩み

1953 4月 酒詰仲男、同志社大学文学部専任講師就任
1954 4月 酒詰仲男、同志社大学文学部教授昇任
7月 島根県大社町菱根遺跡調査
8月 千葉市誉田高田貝塚調査
12月 京都府宇治市八軒屋谷土師遺跡調査(古代学研究会との共同調査)
1955 4月 酒詰仲男を中心に博物館講座開設
大阪府堺市伽羅橋遺跡調査
8月 鹿児島県八合原遺跡・志布志町・大崎町・熊本県八代・人吉・熊本市、大分市日出町早水台遺跡踏査および調査
1956 8月 熊本県人吉市吉の尾古墳群調査(〜9月)
10月 京都市宇多野古墳群調査(〜11月)
11月 日本考古学協会昭和31年度大会開催(於今出川)
12月 京都市本山遺跡調査(〜翌年2月)
1957 6月 京都府網野町宮ノ下遺跡調査
京都府網野町城山砂丘遺跡予備調査
三重県拓殖市霊山経塚確認踏査
7月 北海道泊村照岸洞窟遺跡調査(〜8月)
11月 奈良県山添村大川遺跡調査(奈良県教育委員会調査主体)
1958 3月 京都府網野町浜詰遺跡調査(〜4月、網野町教育委員会調査主体)
4月 網野町教育委員会・同志社大学考古学研究室(岡田茂弘編)『浜詰遺跡発掘調査概報』刊行
7月 京都市深草地区遺跡(深草寺・ケンカ山・仁明陵北側地点)調査(〜8月、京都府教育庁文化財保護調査主体)
8月
福井県大飯町浜彌遺跡・神田古墳群調査(大飯町文化財保護委員会との共同調査)
1959 6月 同志社大学先史学研究会『先史学研究』1刊行
7月 京都府久美浜町函石浜遺跡調査
北海道神恵内町観音洞窟遺跡調査(〜8月)
8月 福井県大飯町浜彌遺跡・滝見古墳群ほか調査
9月
宮崎県串間市下弓田遺跡調査(宮崎県教育委員会主体)
1960 1月 京都市仁明陵北側地点調査(〜2月、京都府教育庁文化財保護課調査主体)
同志社大学先史学研究会『先史学研究』2刊行
2月 和歌山県串本町笠島遺跡調査(〜3月、串本町教育委員会主体)
3月 福井県三方町鳥浜遺跡踏査
8月
福井県高浜町立石遺跡調査
1961 3月 宮崎県教育委員会『下弓田遺跡 日向遺跡総合調査報告 第一輯』(酒詰仲男執筆)刊行
4月 京都府城陽市西山1号・2号・5号墳調査(〜5月)
7月 福井県三方町鳥浜遺跡踏査
福井県大飯町船岡遺跡・鹿野古墳群、高浜町立石遺跡・中津海上ノ山古墳ほか調査および踏査(〜8月)
同志社大学先史学研究会『先史学研究』3刊行
1962 7月 福井県三方町鳥浜遺跡調査(立教大学との合同調査)
同志社大学先史学研究会『先史学研究』4刊行
8月 長崎県五島列島 第1次調査―大浜・岐宿遺跡―(長崎県教育委員会主体)
10月 大分市丹生遺跡 第1次調査(古代学協会調査主体)
12月
京都府丹後町平遺跡予備調査
1963 5月 京都府丹後町平遺跡調査
8月 長崎県五島列島 第2次調査―三井楽遺跡―(長崎県教育委員会調査主体)
1964 8月 長崎県五島列島 第3次調査(長崎県教育委員会調査主体)
9月 岡山県牛窓町黄島貝塚調査(世界救世教秀明教会との共同調査)
10月 大分市丹生遺跡 第3次調査(古代学協会調査主体)
11月
同志社大学北ボルネオ学術調査隊(隊長酒詰仲男)結成
12月 長崎県教育委員会『昭和37年度 昭和38年度 五島遺跡調査報告』 刊行
1965 5月 酒詰仲男教授逝去
同志社大学先史学研究会『先史学研究』5刊行
7月 ボルネオ島学術調査(〜10月)
9月 森浩一、同志社大学文学部専任講師就任
12月 徳島市恵解山古墳群および八人塚調査(徳島県教育委員会調査主体)
大阪府和泉市信太山遺跡群(濁り池窯跡ほか)第2・3次調査(〜翌年4月)
1966 3月 奈良県三宅村石見遺跡調査(〜4月)
同志社大学文学部文化学科(石部正志・白石太一郎編)『若狭大飯―福井県大飯郡大飯町考古学調査報告―』同志社大学文学部考古学調査報告 第1冊刊行
徳島県教育委員会『眉山周辺の古墳―恵解山古墳群・節句山古墳群』徳島県文化財調査報告書 第9集刊行
5月 大阪府和泉市信太山寺院跡調査
8月 奈良県橿原市新沢千塚古墳群 第5次調査参加
11月
同志社大学田辺校地所在遺跡分布調査
1967 3月 徳島県山川町旗見窯跡調査
香川県綾南町十瓶窯址群調査
4月 森浩一、同志社大学文学部助教授昇任
5月 平城団地所在遺跡分布調査
7月 福井県小浜市傾遺跡調査(〜8月)
8月 和歌山市加太・木本地区分布調査
11月 和歌山市大谷川・しょうぶ谷遺跡調査
徳島県鳴門市日出遺跡調査
12月 徳島県恵解山9号墳調査・徳島県南部海岸分布調査
1968 2月 和歌山市友ヶ島分布調査
太田黒田遺跡 第1次調査(〜3月、和歌山市教育委員会調査主体)
大阪府和泉市観音寺山遺跡調査(〜8月)
8月 福井県小浜市傾古墳、釣姫遺跡ほか調査
福井県小浜市相生城ヶ谷窯跡調査
滋賀県マキノ町北牧野製鉄遺跡調査(〜9月)
和歌山市太田黒田遺跡第2次調査(〜9月、和歌山市教育委員会調査主体)
京都府田辺町(現京田辺市)田辺天神山遺跡 第1次調査(〜9月)
9月 同志社大学文学部考古学調査報告 第2冊刊行
10月 観音寺山遺跡調査団(森浩一・鈴木博司編)『観音寺山弥生集落調査概報』刊行
11月 京都府田辺町田辺天神山遺跡 第2・3次調査(〜12月)
同志社大学文学部文化学科(森浩一・白石太一郎編)『紀淡・鳴門海峡地帯における考古学調査報告』刊行
1969 2月 和歌山市太田黒田遺跡 第3次調査(〜3月、和歌山市教育委員会調査主体)
和歌山市井辺八幡山古墳調査(〜4月、同前)
3月 徳島県三加茂町丹田古墳調査(三加茂町教育委員会調査主体)
9月 和歌山市太田黒田遺跡 第4次調査(〜12月、和歌山市教育委員会調査主体)
1970 1月 和歌山市太田黒田遺跡 第4次調査(〜2月、同前
5月 和歌山市太田黒田遺跡 第6次調査(〜8月、同前)
9月 徳島県三加茂町加茂谷川岩陰遺跡群 第1次調査(三加茂町教育委員会主体)
11月 和歌山市太田黒田遺跡 第7次調査(〜12月和歌山市教育委員会主体)
12月 和歌山市太田黒田遺跡 第8次調査(〜翌年1月、同前)
1971 2月 和歌山市滝ケ峰(薬勝寺)遺跡調査(同前)
和歌山市太田黒田遺跡 第9次調査(〜3月、同前)
徳島県鳴門市森崎貝塚調査(鳴門市教育委員会調査主体)
3月
9月 同志社大学文学部文化学科(森浩一・伊藤勇輔編)『丹田古墳調査報告』同志社大学文学部考古学調査報告 第3冊刊行
11月 同志社大学文学部文化学科(森浩一・石部正志・堀田啓一・白石太一郎・大野左千夫・辰巳和弘編)『若狭・近江・讃岐・阿波における古代生産遺跡の調査』同志社大学文学部考古学調査報告 第4冊刊行
12月 和歌山市滝ケ峰(薬勝寺)遺跡調査(和歌山市教育委員会調査主体)
1972 1月 和歌山市雨が谷古墳群調査(〜2月、和歌山市教育委員会調査主体)
3月 徳島県三加茂町加茂谷川岩陰遺跡群 第2次調査(〜4月、徳島県教育委員会・三加茂町教育委員会調査主体)
4月 森浩一、同志社大学文学部教授昇任
6月 同志社大学文学部文化学科(森 浩一編)『井辺八幡山古墳』同志社大学文学部考古学調査報告 第5冊刊行
7月 京都府園部町園部垣内古墳調査(園部町教育委員会調査主体)
徳島県三好町土取遺跡発掘調査(〜8月、徳島県教育委員会・三好町教育委員会調査主体)
9月 今出川校地図書館地点発掘調査(森浩一担当)
10月 鳴門市教育委員会(鈴木重治編)『鳴門森崎貝塚』 刊行
1973 1月 和歌山市雨が谷古墳群調査(〜2月、和歌山市教育委員会調査主体)
3月 徳島県三加茂町加茂谷川岩陰遺跡群 第三次調査(徳島県教育委員会・三加茂町教育委員会調査主体)
京都市姥柳町遺跡(南蛮寺跡)調査(〜4月)
徳島県教育委員会・三好郡三好町教育委員会『土取遺跡調査報告』 刊行
6月 同志社大学文学部文化学科(森浩一編)『園部垣内古墳調査概報』同志社大学文学部考古学調査記録 第1号刊行
8月 同志社大学文学部文化学科(森浩一編)『姥柳町(南蛮寺跡)調査概報』同志社大学文学部考古学調査記録 第2号刊行
10月 同志社大学文学部文化学科(森浩一編)『雨が谷古墳群調査報告』同志社大学文学部考古学調査記録 第3号刊行
1974 7月 京都府京北町周山古墳群調査(京北町教育委員会調査主体)
奈良県新庄町屋敷山古墳調査(〜9月、奈良県立橿原考古学研究所・新庄町調査主体)
11月 京都市伏見城下町(豊後橋北詰)遺跡調査(〜12月、伏見城研究会調査主体)
1975 3月 奈良県新庄町『新庄屋敷山古墳』刊行
8月 京都市六角町遺跡調査
10月
伏見城研究会(鈴木重治編)『伏見城豊後橋北詰の調査』 刊行
1976 1月 同志社大学文学部文化学科(森浩一編)『六角町遺跡調査概報』同志社大学文学部考古学調査記録 第4号刊行
3月 京都府園部盆地遺跡群 第2次分布調査
11月 同志社大学文学部文化学科(森浩一編)『田辺天神山弥生遺跡』同志社大学文学部考古学調査記録 第5号刊行
1978 10月 鳥取県国府町糸谷古墳群 第1次調査(〜翌年1月、国府町教育委員会調査主体)
11月 京都府園部盆地遺跡群 第3次分布調査
1979 5月 鳥取県国府町糸谷古墳群 第2次調査(〜8月、国府町教育委員会調査主体)
1980 11月 滋賀県志賀町北小松古墳群調査
1981 3月 滋賀県志賀町北小松古墳群調査
同志社大学考古学実習室園部町遺跡分布調査研究会(加藤謙・山田邦和・池田宏子編)『園部盆地における考古学調査―分布調査の成果V−』刊行
11月 滋賀県志賀町北小松古墳群調査
滋賀県志賀町北小松古墳群調査
1982 3月
8月 長崎県国見町百花台遺跡調査(長崎県立国見高校との共同調査)
10月 森浩一編『考古学と古代史』同志社大学考古学シリーズT刊行
同志社大学考古学実習室・北小松古墳群研究会(坂靖編)『北小松古墳群調査報告―測量調査とB16号墳の発掘―』刊行
11月 日本考古学協会1982年度大会開催(於新町学舎)
1983 3月 長崎県国見町百花台東遺跡 第1次調査(長崎県立国見高校との共同調査)
太田黒田遺跡調査団『太田黒田遺跡(図録編)』和歌山市教育委員会刊行
9月 兵庫県明石市鴨谷池遺跡調査(〜10月、明石市教育委員会調査主体)
1984 7月 長崎県国見町百花台東遺跡 第2次調査(〜8月、長崎県立国見高校との共同調査)
8月 長崎県多良見町伊木力遺跡 第1次調査(〜9月、多良見町教育委員会調査主体)
長崎県多良見町木床遺跡 第1次調査(同前)
11月 兵庫県明石市域分布調査(明石市教育委員会調査主体)
1985 3月 長崎県国見町百花台東遺跡 第3次調査(長崎県立国見高校との共同調査)
森浩一編『考古学と移住・移動』同志社大学考古学シリーズU刊行
8月 長崎県多良見町伊木力遺跡 第2次調査(〜8月、多良見町教育委員会調査主体)
9月 長崎県多良見町木床遺跡 第2次調査(同前)
11月 兵庫県明石市域分布調査(明石市教育委員会調査主体)
1986 2月 兵庫県明石市域分布調査(同前)
3月 明石市教育委員会・同志社大学考古学研究室(鋤柄俊夫編)『鴨谷池遺跡』刊行
4月 同志社大学田辺校地開校、考古学陳列室開設(考古学実習室と併用)
7月 長崎県多良見町木床遺跡 第3次調査(多良見町教育委員会調査主体)
1987 3月 長崎県国見町百花台東遺跡 第4次調査(〜4月、長崎県立国見高校との共同調査)
松藤和人編『木床遺跡―昭和59・60年度埋蔵文化財包蔵範囲確認調査報告―』多良見町教育委員会 
4月 明石市教育委員会・同志社大大学考古学研究室(鈴木重治・坂靖・鈴木信編)『明石市域の遺跡詳細分布調査(T)−1984・1985年度の調査―』刊行
6月 森浩一編『考古学と地域文化』同志社大学考古学シリーズV 
8月 兵庫県北淡町(淡路島)分布調査
1988 10月 森浩一編『考古学と技術』同志社大学考古学シリーズW刊行
1990
7月 同志社大学文学部文化学科(森浩一・寺沢知子編)『園部垣内古墳』同志社大学文学部考古学調査報告 第6冊刊行
1991 3月 同志社大学文学部文化学科(森浩一・松藤和人編)『伊木力遺跡―長崎県大村湾沿岸に於ける縄文時代低湿地遺跡の調査―』同志社大学文学部考古学調査報告 第7冊刊行
1992 4月 森浩一編『考古学と生活文化』同志社大学考古学シリーズX刊行
1994 8月 同志社大学文学部文化学科(森浩一・松藤和人編)『百花台東遺跡―雲仙・普賢岳北麓の後期旧石器時代遺跡の調査―』同志社大学文学部考古学調査報告 第8冊刊行
10月 森浩一編『考古学と信仰』同志社大学考古学シリーズY刊行
同志社大学文学部文化学科(松藤和人・中野知照・木村有作・加藤 謙編)『糸谷古墳群』同志社大学文学部考古学調査報告 第9冊刊行
11月 日本考古学協会1994年度大会開催(於今出川・田辺校地)
1996 2月 同志社大学歴史資料館設立・校地学術調査委員会解散(歴史資料館業務継承)
4月 松藤和人、同志社大学文学部助教授就任
5月 徳島県三加茂町加茂谷川岩陰遺跡群分布調査
8月 徳島県三加茂町加茂谷川岩陰遺跡群調査
1997 3月 徳島県三加茂町加茂谷川岩陰遺跡分布調査
1998 11月 京都府和束町鷲峰山金胎寺西方墓地調査(同志社大学歴史資料館調査主体)
1999 3月 森浩一、同志社大学退職
森浩一・松藤和人編『考古学に学ぶ』同志社大学考古学シリーズZ 刊行
同志社大学文学部文化学科(松藤和人・鋤柄俊夫・門脇秀典・松田度編)『加茂谷川岩陰遺跡群』同志社大学文学部考古学調査報告 第10冊 刊行
4月 森浩一、同志社大学文学部名誉教授就任
8月 宮崎県日之影町出羽洞穴遺跡 第3次調査
10月 同志社大学歴史資料館(辰巳和弘編)『大阪府和泉市観音寺山遺跡発掘調査報告書』同志社大学歴史資料館調査報告 第2冊刊行
2000 8月 宮崎県日之影町出羽洞穴遺跡 第4次調査
同志社大学考古学資料室・出羽洞穴学術発掘調査団(松藤和人・森川 実編)『出羽洞穴遺跡―第3次学術調査の概要―』刊行
2001 3月 韓国全谷里遺跡の共同研究調査(漢陽大学校との共同調査)
6月 韓国全谷里遺跡の共同研究調査(同前)
2002 8月 韓国全谷池遺跡の共同研究調査(同前)
9月 中国河北省・山西省泥河湾地区旧石器時代遺跡予備調査(中国科学院古脊髄動物・古人類研究所・河北省文物研究所・山西省考古研究所合同調査)
同志社大学歴史資料館(鋤柄俊夫編)『第1期南山城総合学術調査報告書―鷲峰山・金胎寺とその周辺地域の調査―』同志社大学歴史資料館調査研究報告 第3集刊行
2003 6月 福井県小浜市分布調査
9月 韓国全谷里遺跡の共同研究調査(漢陽大学校との共同調査)
10月 松藤和人編『考古学に学ぶ(U)』同志社大学考古学シリーズ[刊行
2004 5月 韓国長洞里(龍洞)遺跡の調査(木浦大学校との共同調査)
8月 中国江蘇省・安徽省旧石器時代遺跡の予備調査(南京博物院・北京大学・中国科学院古脊椎動物与古人類研究所との合同調査)
10月 韓国全谷盆地の予備調査
2005 3月 韓国全谷盆地の調査
5月 中国吉林省における旧石器調査
9月 中国和尚?遺跡の調査
10月 韓国全谷里周辺における調査
2006 3月 韓国全谷里周辺における調査
5月 韓国全谷里遺跡出土の旧石器調査
8月 韓国萬水里遺跡の調査(漢陽大学校文化財研究所・韓国先史文化研究院との共同調査)
9月 中国陝西省における調査
11月 中国和尚?遺跡・放牛山遺跡出土の旧石器調査
2007 3月 韓国全谷里遺跡の調査
中国貴州省・雲南省旧石器時代遺跡の調査
9月 中国江蘇省曙光・和尚?遺跡の調査
11月 公開国際セミナー「東アジアにおける古環境変遷と旧石器編年」開催(平成1619年度科学研究費補助金〔基盤研究(A)〕に伴う研究成果の公開)(於新町校地ほか)
松藤和人編『考古学に学ぶ(V)森浩一先生傘寿記念献呈論集』同志社大学考古学シリーズ\ 刊行
2008 3月 韓国済州島の調査
松藤和人編『東アジアにおける旧石器編年・古環境変遷に関する基礎的研究』(平成1619年度科学研究費補助金 基盤研究(A) 研究成果報告書)刊行
6月 松藤和人編『東アジアのレス-古土壌と旧石器編年』刊行(雄山閣)
7月 独立行政法人日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI 「東アジアの人類文化史・古環境変動を土に読む―韓国・中国のフィールド調査から―」開催
11月 中国連雲港市の調査
2009 5月 文化財保存全国協議会 第40回記念京都大会「都市遺跡の調査と保存・活用・整備」開催(於今出川校地、後援)
9月 島根県出雲市砂原遺跡の発掘調査

もどる

inserted by FC2 system